Retailers Place
Retailers Place

ネットスーパーは儲からない?その理由と今後の行方!

生鮮食品から冷凍品、日用雑貨まで気軽に注文できるのがネットスーパーである。今やこのネットスーパーは、多くの人に利用されているサービスでもある。

利用する側からみるととても便利なサービスだが、企業側からみるとネットスーパーは一概に儲かるとはいえない。

しかしながら、イトーヨーカドーやイオン、西友など多くの大手企業がネットスーパーのサービスを行っている。

今回はネットスーパーが儲からない理由と、今後の行方をみていきたい。

ネットスーパーが儲からない理由

ネットスーパーが儲からない一番の理由は配送料である。客が100円や200円など低価格の商品を購入した場合、配送料によっては赤字になってしまう場合もある。

かといって、送料を無料にしないとなると、店舗で買い物したほうがお得なので、ネットスーパーを利用する人は少なくなる。

そもそも、単価の安い食料品や日用品に対して送料を無料にするというのが現実的に厳しいので、ネットスーパーでは○○円以上の購入で送料無料となっている場合が多い。

また、ネットスーパーでよく購入される商品は、米や水などの重くて持ち運びたくない商品である。そういった商品は大きくて重さがあるので配送料も高くなる。

人件費の問題も大きく、ネットからの注文を管理する社員の人件費や、注文の品を集めて梱包し配送するまでの人件費もかかる。

また、ネットからの注文に対して、商品の在庫を店舗から集める場合はその時間と手間がかかり、店舗とは別に在庫を持つとそのコストと管理費がかかる。

こういった事情を考えると、ネットスーパーは企業にとって必ずしも儲かる仕組みになっているとはいえない。

それでも止められないネットスーパー

それでもネットスーパーに参入する企業は多い。理由としては、他の企業もやっているから自分の企業だけ乗り遅れるわけにはいかない、高齢化社会に必要となってくる可能性があるサービスだからということがあげられる。

確かに、自分の企業だけやってないと認知度も落ちる可能性もあり、利用する人によっては「不親切な企業」という烙印を押される場合もある。

また、高齢化社会により車を運転できない「買い物難民」の増加の問題もある。特に地方では公共機関が発達していないので、高齢者にとっては便利なサービスである。しかし、高齢者の多くがネットスーパーを利用しているのかといえばそうとはいえない現実もある。

ネットスーパーはこれから拡大していくのか?

ネットスーパーは、これからどんどん拡大していくのかという問いに対して、一概に拡大していくとはいえない。

ネットスーパーが拡大していくには、配送料で赤字にならない為にも、店舗よりも商品の単価を上げる必要がある。もしくは、配送料がもっと安くなれば拡大していく可能性はある。

しかし、ネットスーパーで販売するにおいて不向きな商品もある。生鮮食品や賞味期限が短い商品である。

消費者側としては、不安なので魚や肉、野菜などの生鮮食品は自分の目で鮮度を確かめたいと思う人も少なくない。

また、賞味期限の短い商品も、届いた時には期限が数日に迫っていたなどの不安もあるためなかなか購入しづらい。

そういった理由を踏まえると、ネットスーパーは、新たなアイデアやビジネスモデルが確立しない限り、単体で利益を出すのは難しいサービスといえるかもしれない。ただ、従来スーパーマーケットで購入していた品目を、ネットで購入することに抵抗がなくなり、コスト負担についても許容できる雰囲気が醸成されると、あとはロジスティクスやデリバリーなどの儀実的な問題がクリアになれば一気に拡大することもありうるだろう。ここ数年の、消費行動の変化は、事業者サイドの予測を良くも悪くも大きく超えている。今後もこう言った流れについては、注視していきたい。