Retailers Place
Retailers Place

フルリモートワークにこだわらなくとも働き方改革は成し遂げられる

今年に入って突如世界中に多大な被害をもたらした、新型コロナウィルス。

かねてより、「働き方改革」の一環としてリモートワークを推奨してきた日本政府ですが、コロナウィルスの感染拡大に伴って更に導入を強く促していることは皆さんご存じの通りでしょう。

リモートワークとは遠隔を意味するRemoteと働くWorkをかけ合わせた造語のことを指し、出勤せずとも業務をこなすことができる働き方のことを表しています。

とはいえ、中にはリモートワークを導入することが難しく頭を抱えている方も数多くいるのではないでしょうか。

そこで今回はフルリモートワークにこだわらず、少しの工夫で職場での勤務時間を減らす方法について考えてみました。

リモートワーク・テレワークの難しさとは

ペーパーロジック株式会社が「リモートワーク・テレワークに関するアンケート」を東京在住の会社員に対して実施したところ、テレワークの課題として「コミュニケーションが取りにくい」「ハンコが必要な決裁フロー」といった2つの意見が上位となりました。

対面よりコミュニケーションが難しいことはもちろん、社内のインフラ整備が追いついていないという意見が多いところをみると、IT化の遅れが浮き彫りになります。

また、ハンコという日本独自の文化がリモートワークをしづらくしていることも理由の一つとしてあげられていました。

大手に比べて資金が苦しい中小企業ほど社内のインフラ環境が整っていないことを踏まえると、まずはそのような環境を整備することがリモートワークを導入するうえでの第一歩だといえるのではないでしょうか。

昨今ではネット環境さえあれば、SkypeやZoomといった優れたツールを使用することができ、どちらも基本無料で利用することができます。

ハンコについても、電子化を検討することはもちろん、電子承認を取り入れることで会社に出向く必要がなくなるでしょう。

完全なリモートワークを目指さなくてもいい

リモートワークと聞くと、導入に多大な労力がかかりそうで躊躇してしまう人も多いかもしれませんが、なにもフルリモートワークを目指す必要はありません。

先にも述べたように、ネット環境を整えオンライン上で会議ができるようにしたり、ハンコを電子化してみてもよいでしょう。

ノウハウの共有などですこし手間がかかるかもしれませんが、一度仕組みさえ作ってしまえばそのあとはそれほど手を入れる必要はありません。

既存の業務の棚卸をしたうえで、現場で働く従業員の声も参考にしながらオンライン化を進めてみてはいかがでしょうか。

きっといまより働きやすくなったことを実感できるはずです。