Retailers Place
Retailers Place

マスク行列が消えた?役割への理解と需要の変化について

マスクが街から消えたのは、まだ肌寒いころでした。
なんとか手に入れようと奔走する人々の行列がそこかしこに。

あれから月日は流れ、梅雨を迎え夏日があるなど暑い季節へと移り変わる今、マスクを求める人々の行列は見られなくなりましたよね。

街から消えたマスクが完全に戻ったとは言えないまでも、どうしても手に入らない時期は終わったのでは、という印象です。

そこで今回は、マスクの購入に行列を作らなくてもよくなった理由について考えてみます。

周知されたマスクの役割

ドラッグストアなどにマスクを求める大行列ができていたころ、多くの人がマスクの役割について、感染症から自分を守るためのものと認識していたのではないでしょうか。

このころ国やメディアが盛んに伝え始めたのが「マスクは、100%ウイルス感染から守ってくれるものではなく、飛沫でウイルスを拡散させないためのもの」という事実です。

同時に新型コロナウイルスは、無症状でも感染力をもち飛沫が感染拡大の大きな要因であることかが大きく報道されました。

このことから、マスクへの過剰な期待は薄れ、行列に並んでいつ入荷するかわからない不織布マスクを買うことの意義はなくなっていったのかもしれません。

マスク需要の変化と異業種の参入

依然として不織布などの高機能マスクを求める人、飛沫感染防止なら布製でも十分な効果があると布マスクを求める人、マスクの需要は分散の傾向が見えてきています。

使い捨てが基本の不織布マスクと違い、布マスクは洗って繰り返し使えることから注目が集まり、マスクを手作りする人も少なくありません。
また、ハンドメイド作家もマスクを制作し販売するようになり、布マスクも市民権を得た格好です。

暑い季節となり、マスクが原因の「蒸れ」「肌荒れ」「熱中症」を対策するマスクが求められるようになり、これまでマスクを作っていなかったアパレルメーカーなど異業種の参入も大きな話題となっています。

このように、多種多様なマスクが出回るようになったことが、「行列に並んで絶対買わなければ!」などといった危機感や焦燥感が消えた要因といえるでしょう。

行列を作って躍起にならなくても、マスクは手に入る

街から消えたマスクも徐々に姿を見るようになり、さまざまな形態のマスクが簡単に入手できるようになった今では、ドラッグストアといった販売店の前の異様な光景は見られなくなりました。

もうマスク不足の危機は終息したと言っても過言ではないでしょう。

新型コロナウイルスの脅威が完全になくなったわけではない現状、さまざまな選択肢から自分にあったマスクを選び、引き続き感染拡大防止を心がけていきましょう。