Retailers Place
Retailers Place

物件オーナーにとってのリーシングマネジメント業務とは?

不動産会社にリーシングマネジメントを依頼したいけど、何をサポートしてもらえるのか気になっていませんか?

この記事では、ここでは特に物件オーナにとっての、店舗物件におけるリーシングマネジメント業務についてご紹介しましょう。

不動産会社のリーシングマネジメント業務

リーシングマネジメントとは商業用不動産の賃貸物件に借り手がつくように、コンサルティングを行う業務です。

近年は、都市部を中心に元々自用で物件オーナーが使用していた物件を、外部賃貸に切り替えるケースも出てきています。

具体的なテナント探しにおいては、出店希望リストを元に新しいテナントの候補にアプローチして成約へ導きます。場合によっては、外部の賃貸仲介業者との連携も行います。

賃貸収益性を高めるために、立地動向調査、テナントの構成や賃貸条件の設計や調整などの業務も担当します。

既存案件だけでなく、物件の開発段階から賃貸条件の設計・調整などの提案を行うこともあります。

情報収集・マーケット動向の把握

最適なテナントを見つけるために、近隣のテナント動向把握やマーケット動向を把握します。

物件が外部に賃貸できる状態にあるのか、オーナー側で必要な工事はあるのかなどの整理から着手します。

そのうえで、市場やエリア・物件の特性を分析し、ビルに最適なテナントを誘致戦略します。

広報・営業活動

広報・営業活動は、一般的には、取引のあるテナント候補への直接営業、仲介業者への紹介など、戦略的にリーシング活動をして案件の獲得を目指します。

物件の賃貸収益性を安定化

リーシングは物件の賃貸収益性を安定化させるために、手厚いサポートで候補テナントの入居を実現させます。

テナントが入った後もテナント誘致戦略や退去防止策を実行して、ビル収益を最大化させることが重要です。

単に、賃料が高いだけでなく、近隣テナントとの親和性、上層階テナントへの影響、テナントの事業の継続性を判断することが非常に重要になってきます。特に高額賃料で新規業態を誘致した結果、短期での退店になるケースも多く、慎重に判断することが重要です。

リーシングマネジメント会社の選び方

ビルオーナー側にとってもテナント側にとってもリーシングマネジメントに実績のある不動産に依頼することが大切です。

物件の特性に応じて、依頼すべきリーシング会社も変わってきます。すべての案件の取り扱いに長けた、リーシング会社は存在しません。特に、オーナーサイドに立って、不動産周りの与件を整理する作業と、具体的にテナントにアプローチするネットワーク、賃貸借契約の整理や引き渡しまでのアレンジは、それぞれ全く別物と考えた方が良いです。自社ですべて完結させられる会社は極めて少ないのが実情です。

テナント探しにあたっては、エリアごとに、得意不得意があるのはもちろん、物件を広く周知させたいのか、秘匿性が高い案件なのか、対象テナントは物販店舗なのか、その他(飲食・サービス)なのか、テナント候補に外資系ブランドが含まれるかどうかなどによって、リーシング会社の得意不得意も様々です。

まとめ

ビジネスの実現のため、状況に応じたリーシングに強みのある不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。