Retailers Place
Retailers Place

今や注目されているテレワークの実情と普及について解説

皆さんはテレワークという言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。

実施しているかどうかは別として、新型コロナウイルスの影響により全国的に浸透する『ワード』になったことは確かです。

テレワークとはいったいどのようなものなのか、またテレワークの実情や普及などについても解説していきます。

テレワークとは

一般社団法人日本テレワーク協会が定めた定義によると、情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方とされています。

テレワークには主に3つのタイプに分けられ、【在宅勤務】と【モバイルワーク】、そして勤務先以外の場所でパソコンなどを使って行う【施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務)】に分かれるのです。

会社に出勤せずとも働けるという点がこれらの3つに共通しています。

テレワークのメリット

導入した会社側のメリットとして主だったものを挙げると、生産性の向上や営業効率の上昇なのです。

社員側のメリットとしては出社する必要性がないことや通勤によるストレスの軽減などが挙げられます。

また暴風を伴う台風や大規模地震などの自然災害に遭った際に、電力の供給やネット環境の通信設備に問題がなければ、出社せずともテレワークで代用しその日を出勤扱いにすることも可能です。

テレワークのデメリット

デメリットとしては社員の勤怠管理が難しくなり、会議などで直接会って行う些細な部分の調整などができなくなります。

社員側のデメリットとしてはコミュニケーションの方法が限られてしまい、会社側に「いつでも連絡が取れる状態を維持すること」を勤務時間中に言われると自由な行動がとりづらくなってしまうのです。

またテレワーク専用のツールがないと勤務状況が確認できないことから持ち運ぶ際にノートパソコンは必須となります。

テレワークの実情について

テレワーク自体は新型コロナウイルス騒動以前より一部の企業が実施していました。

ただ今回の騒動でマスコミがテレワークを推奨するように持ち上げたこともあり、テレワーク自体が認知度としては全国区となったのです。

しかしその実情としては大企業や大都会の都市にあるような企業などでは実施されている傾向にあるものの、田舎や地方都市などではテレワークを実施したくてもできない実情があるのです。

そもそも業種によってはテレワークを必要としない場合があり、また中小企業や零細企業などでは元々の従業員数が少なければ活用の機会すらありません。

そう考えるとテレワークは一長一短と言えるでしょう。

テレワークは普及していくのか?

総務省によると2019年の時点でテレワークの普及率は19.1%止まりとなっております。

大企業のほとんどが導入していても、まだまだ中小企業が導入していないことからこのような数値となったと言わざるを得ないでしょう。

今回の新型コロナウイルス騒動で改めて『テレワーク』が注目され、感染リスクを減らすためこの騒動に乗じて導入した企業もあります。

今後テレワークが普及していくかどうかはコロナウイルス騒動がどこまで続くのか、また政府が補助金対象の拡大策などを打って中小企業でも導入しやすい環境作りができるのかどうかによって左右されることになるでしょう。