Retailers Place
Retailers Place

新型コロナの影響で発生したフードロス等のサスティナブルについて紹介

フードロスという言葉を1度は聞いたことがあるかと思います。

それは人類が文明を発展させてきた過程で一部の裕福な国が食べ物を粗末にしている地球規模での社会問題なのです。

しかし思いがけないところでフードロスが発生したとなればどのように対処していくべきなのかについて解説していきます。

サスティナブルとは

一般的には「維持できる」「持ちこたえられる」などの形容詞として使われていますが、ただ近年では地球環境の持続の可能性、つまりエコ活動などのことを指すようになりました。

日本でもエコ活動に取り組んでいる企業が存在します。

学校の一斉休校とフードロスの関係性

以前からエコ活動の一環として『フードロス削減』がささやかれていました。

しかし新型コロナウイルスの余波が子どもたちを守るという名目の下、政府が一斉休校の要請を出したことで、給食がなくなってしまったのです。

フードロスの関係性について問うとすれば、給食の材料を発注していて、使わなくなってしまった野菜などが無駄になってしまう可能性があります。

これがフードロスの温床となる要因に数えられるのです。

フードロス解消の取り組み例などについて

フードロス解消の取り組みが地方自治体から出ています。

新型コロナウイルス騒動で給食がなくなったために購入した野菜などの消費場所が失われてしまい フードロスを減らそうと、愛知県一宮市の学校給食会が、給食で使う予定だった食材の一部を販売したのです。

しかも市場価格の約半値という大盤振る舞いで行いました。

市民の行列が野菜の売り切れとなるまで続くほど、結果的には大盛況となり、一定のフードロス解消につながったのです。

また民間で行った取り組みとして一部紹介すると、北海道旭川市にある居酒屋で団体客の予約がキャンセルされ、余った牡蠣をそのまま処分すると損をしてしまうことからSNSで安く譲り渡す旨を記載したところ、多くの反響があり、結果的にはフードロス解消に至りました。

フードロス解消もそうですが、それ以外の取り組み例としては地球規模でプラスチックごみが海洋汚染の温床となっている節があります。

その取り組みとしてコーヒー販売店の大手のスターバックスがプラスチック製のストローから紙製ストローに順次切り替えて対応している最中です。

プラスチックごみを減らす努力をしています。

新型コロナウイルス騒動で知った人もいるかと思いますが、これらが『サスティナブルな取り組み』として継続的に行われれば、損をすることが少ない合理的な社会へ変わっていくこととなるでしょう。