Retailers Place
Retailers Place

火災保険申請したことの無い人の「3つの理由」とは?

前回の記事で、火災保険の実力について書きました。
これ程利用価値の高い制度にもかかわらず、「一度も火災保険を申請した事が無い」と言う人が多いことに驚きます。
ではなぜ、火災保険を申請したことがないのか?
話を聞いてみると、大きく3つの理由が見えてきます。


1 どんな被害が申請出来るのか、わからない。
2 申請するのに、修繕見積りが必要と言われ準備が面倒
3 日常業務・日常生活で忙しい中、手続きするのが大変


1.は、加入している火災保険の補償内容が理解できておらず、「保険加入=ゴール」になっており、非常にもったいないです。


2・3は、申請してみようとしたけれど、不慣れな手続きのため面倒に感じてしまう、というパターンです。特に、修繕工事の見積もり依頼は、日常的に業者とやりとりする人でないと、「どこ業者に見積り依頼をしようかな??探すのも大変だな」と、感じてしまう方も多いようです。


だったら、保険代理店の人にお願いすれば?
火災保険に加入する際、保険代理店を通じて加入した方も多いと思います。火災保険証券を見てみると、保険代理店の名前が記載されています。中には、融資を組んだ時の銀行や不動産を購入した時の不動産会社が代理店として記載されているケースもあります。(勘のするどい方は、そろそろお気づきかもしれませんね)
火災保険の加入を案内してくれた代理店は、保険加入手続きがメイン業務であり、保険請求の申請はサブ的な業務になります。それゆえ、残念ながら保険請求については、あからさまではないものの、後ろ向きな対応をとられてしまうケースもあるようです。


火災保険を活用するうえで、「絶対やってはいけないこと」とは?
当たり前の事ですが、保険の補償対象でない事故原因(例えば、自分で壊した)にもかからわず、「台風で壊れた」など、「虚偽の申告」はNGです。相当数の被害現場を見ている損害保険鑑定人は、現場を見れば明らかに原因が違うと分かります。しかし一方で、経年劣化なのか、強風による被害なのか、判別の難しいケースもあります。

では、そんな時はどうしたら良いでしょう。次回の記事では、「被害の伝え方」についてご紹介します。