Retailers Place
Retailers Place

火災保険申請のデメリットとは?

火災保険の事故申請をすることで、デメリットがあるとすればどんな事があげられるでしょうか?

よくある質問としては、「自動車保険のように保険を使うと、次から保険料が上げるのでは?」という心配です。

結論から言うと、答えは「No」です。
自動車保険の場合、事故を起こす原因は「人」です。ですから、「自動車保険を使う=事故を起こす人」となり等級が下がり、保険料が上がります。火災保険の料金は、建物が火事で燃えやすいか、燃えにくいか、で決まります。つまり、建物の構造の種類で料金が決まります。一般的には、コンクリート造・鉄骨造・木造などがあり、耐火性能が高い建物は料金が安く、低い建物は料金が高くなります。ですから、火災保険の申請は、自動車保険のように、「保険使おうかな?でも、保険料が上がるのは嫌だし、どうしよう?」と悩む必要なく、被害があれば遠慮なく申請したほうがお得です。

それでも、あえて注意点をあげるとすれば?
遠慮なく申請できて、受け取れた保険金を修繕費以外にも利用できる、そんなスグレモノの火災保険ですが、あえて注意点をあげるとすれば、どんなことでしょうか?
当然ながら、火災保険で受け取った保険金は、建物が受けた被害・損害の修復費用として支払われています。保険金が支払われた後、建物を全く修繕していない場合、同じ箇所を翌年の台風などで被害を受けたとしても、保険金が支払われない可能性があります(前回の申請とは別の箇所が被害を受けたのであれば、もちろん申請は可能です)予算的に無理の無い範囲で修繕しておくのが懸命です。

被害の伝え方1つで、申請できない場合
火災保険の申請をしようと、電話で事故受付の連絡をすると、色々とヒアリングを受けます。
「いつ、どんな被害で、被害の原因は何か?」
シンプルに「先日の台風でガラスが割れた」みたく、全てが明らかな場合は連絡しやすいと思います。しかし、中には、気がついたら壊れていた、近所の人から指摘されて被害に気がついた、といったケースもあります。被害発生日時がわからない場合は、被害発見日を伝えれば大丈夫です。しかし、被害の原因は、上手に伝えないと受付してもらえないケースがあります。被害の原因が加入している保険の補償対象外だと思われてしまうと、「残念ながら、今回は保険でお役に立てません」と言われてしまうのです。事故連絡をする前には、加入している保険の補償内容を理解した上で、連絡することをオススメします。