Retailers Place
Retailers Place

火災保険申請サポート業者・申請代行業者にお願いする
メリット・デメリットは?

ネットで検索すると、火災保険申請のサポート業者や申請代行業者を最近目にします。
一体どんな業者なのでしょうか。
簡単に言うと、お客様に代わって火災保険申請に必要な建物の被害確認とその修繕見積り・被害写真を作成し、保険申請を手伝ってくれる会社です。中にはリフォーム会社など、修繕工事を行う会社が受注する為のサービスの一環として行っている場合もあります。


業者にお願いするメリットは?
一般的には、火災保険を申請する場合、自分で申請するか、保険代理店を通じて申請する場合が多いと思います。保険が下りたらすぐに工事したい方は、修繕工事業者にお願いすれば、見積りや写真を用意してくれます。
しかし、修繕工事をするかどうか決めかねている、工事するにしてももう少し先伸ばししたい、など保険が下りても工事を依頼しないとなると、修繕見積りも依頼しづらいものです。そんな時に申請代行業者が役に立つケースがあります。
例えば、修繕業者も「工事費用が全額保険でまかなえるかも」と思うと、見積もり範囲が必要以上に多くなったり、お客様が求める以上に高額な見積もりになったりするケースがあります。
一方で、申請代行に特化している業者であれば、そのような心なく申請をお任せすることが出来ます。

ディメリットは無いのか?
最大のディメリットは、代行手数料です。保険認定金額の20%前後~40%前後かかるケースが多いようです。決して安いとは言えないレベルだと思います。
最近目にすることが増えてきた業種ということもあり、小さいな会社が手掛けていることも多く、1件あたりの手数料がまだまだ高額であることは否めません。
また、申請サポートをお願いした場合、修繕工事まで依頼する必要があるのか?無いのか?の確認は重要です。
後でトラブルにならないためにも、書面で説明してもらい、その書面は保管しておくようにしましょう。口約束が一番のトラブルの元です。
それでも、困ったことが起きてしまった場合は、消費者ホットライン(電話188)などを利用すると良いでしょう。