Retailers Place
Retailers Place

終わりのない戦い!非接触型オーダーは飲食業界を救うのか?

新型コロナウイルスの影響で、一番苦境を強いられているのは他ならぬ飲食業界です。外出自粛が呼びかけられている中、多くの方が家の中に引きこもり消費が落ち込んでいます。

その中でも飲食業界は、特に大きな経済的打撃を受けており、店を開けることままならない状態が続いています。

新型コロナウイルスの影響で飲食店業界の事態は深刻化する一方

政府が緊急事態宣言を出したことにより、飲食業界はさらに深刻な状態へと陥りました。 開店することすらもできない店舗もあり、これにより約半数の飲食店が倒産へと追い込まれるともいわれています。

新型コロナウイルスの終息の兆しが見えない中で、「対処のしようがない」と嘆く飲食店も多く、事態は急速に悪化しています。

このまま現状が続くことになると、例年であれば大きな売上を見込むことができるゴールデンウィークや夏休み、お盆にも影響を及ぼすこととなり、希望の見えない苦しい戦いとなってしまいます。

売上は上がらなくとも固定費は払わなければならない

飲食店業界を苦しめているのは、売上が上がらなくても払わなければならない、家賃や人件費などの固定費です。

夜の居酒屋などでは、昼にテイクアウトのランチを提供するなどの工夫を凝らして事態を乗り切ろうとしていますが、それだけではとても固定費をまかなえるほどの売上を作ることはできません。

政府から融資を受けることができるものの、コロナウイルスが終息する見込みのない状態では、お金を返すことができる目処が立たないというのが現状です。

先払い予約システムの導入

そのような苦しい状況の中で、先払い予約システムを導入しているお店もあります。

新型コロナウイルスが落ち着いてきた時に食事をする権利を、先払いとして払うことにより、お店の資金繰りを手助けしようと試みです。

募金などに比べると購入しやすいシステムではありますが、購入したお店が倒産するとお金は返金されません。

新型コロナウイルスの終息の見込みが立たない中では購入するリスクも多く、先払い予約システムのみで飲食店が数ヶ月存続していくことはかなり難しいといえます。

高まる非接触型オーダーへの期待

そんな中、中国で取り入れられているシステムが非接触型オーダーです。スマートフォンなどのデジタル機器を介して注文を行うことにより、お客様とスタッフとの直接のやり取りを防ぐことができます。 

個人のスマートフォンを利用したテーブルオーダー・モバイルオーダーでは店舗備え付けの紙のメニューやオーダー端末に触れる必要がありません。

これによりお客様とスタッフ間での飛沫感染の可能性を低下することができ、不特定多数の人が接触する紙のメニュー表やオーダー端末からの感染を防ぐことができます。

こうした非接触型オーダーの取り組みは、中国国内で着実に成果を出しつつあり、非接触型オーダーを用いてテイクアウトやオンラインデリバリーへ移行したところ、多くの店舗で売り上げが改善したという例も見られています。

日本の飲食業界も、新型コロナウィルスの影響により衰退していくのをただ見守るのではなく、新しいデバイスやシステムを構築することにより、これからの未来に繋げていくべきなのでしょう。