Retailers Place
Retailers Place

飲食店の人員不足解消のための働き方改革とは

この数年、飲食業界で「人員不足」が大きな問題となっています。

飲食店で人員が不足することにより、安定して営業を続けることが難しくなるのはもちろんのこと、結果として料理や接客の質が低下することから売り上げの減少といった問題が発生するリスクが高まることが危惧されています。

そこで今回は、飲食店が抱える人員不足問題に対してどのように向き合えばいいのかまとめてみました。

人員確保が難しい理由とは

飲食店で働く従業員の多くは、学生や主婦といった勤務時間に一定の制限があるアルバイトやパートです。

学生や主婦はライフイベントに左右されがちで、時間帯や時期など安定して人員を確保することが難しくなることがあります。
そのため、雇用数は足りているはずなのに、現場の人数が足りないといった現象が生じてしまうと考えられます。

また、もうひとつの理由として、飲食店ならではの労働環境があげられるでしょう。

飲食店での仕事は、オフィスワークと比べて、体力が必要となります。

キッチンとホール、どちらで働いたとしても長時間の立ち仕事になるだけでなく、業務内容も多岐にわたることから体力の消耗も激しく、敬遠されてしまいがちです。

いま述べたような理由を解決していくことが、飲食店の人員確保のポイントになってくるでしょう。

人員確保に働き方改革は必要不可欠

立ち仕事が多く、一般的にキツいイメージを抱かれがちな飲食業界だからこそ「働き方改革」を取り入れることは欠かせません。

労働環境を改善する改革にはまず、長時間労働の解消に取り組むことが重要になります。
営業時間の短縮や定休日の確保し、従業員が気軽に休みを申請しやすい環境を作ることで、心と体を回復させ次の勤務への意欲に繋げることができるでしょう。

仕事の面では「この人にしかできない!」という業務をできるだけ減らすよう、従業員教育に力を入れることも重要です。

従業員教育に力を入れることで店長や責任者などの管理職が一人で仕事を抱え込む必要がなくなることから、長時間労働を避けることはもちろん作業効率をあげることができるでしょう。

そして、勤怠管理や注文・会計などをシステム化し、従業員の負担を減らす取り組みに力を入れることも大切です。
他にも賃上げをしてモチベーションアップに繋げたり、働く時間帯や曜日・勤務日数などにより柔軟性を持たせることで、さまざまな層の応募に対応でき、人員確保に繋がる一手となるでしょう。

確保した人員の定着率アップを

飲食業界における人員不足問題は、働き方改革を意識し従業員それぞれがより働きやすい環境を整えることが何よりも大切です。
また、従業員の負担軽減につながるシステム化を進めることで、この問題を乗り越えることができるはず。

人材は宝という言葉もあるように、共に働く従業員は、飲食店にとって大きな財産です。
より長く働いてくれるような施策を合わせて講じることで定着率アップさせることができれば、お店と従業員双方にとってプラスになりますね。

個々の働き方にできるかぎり寄り添う労働環境を作ることができれば、飲食業界の人員確保問題の未来は、そう暗いものでもないかもしれませんよ。