Retailers Place
Retailers Place

withコロナ時代の在宅ワークスペース「書斎」の需要が急増中

「オフィスに通って働く」のが当たり前に時代から「自宅で働く」ことが求められる時代へと変化している今、在宅ワークスペースの重要性に注目が集まっています。
そんな中、在宅でも「より働きやすく集中して取り組める環境」を求めて、新築やリノベーションに加えてDIYといった方法で「書斎」を作る人が急増しているそう。

そこで今回は、在宅ワークスペース「書斎」が求められる理由について考えてみたいと思います。

今「書斎」が求められる理由

新型コロナウイルスの影響によって、密を避けるなどの衛生意識が高まり、テレワークが大きな広がりを見せていることは周知の事実。
仕事の疲れを癒し、リラックスする場であった家で仕事をするとき、ONとOFFの切り替えが難しく困った経験をした人も少なくないでしょう。
そんな環境の中、在宅であっても集中して仕事をするスペースを確保したいと考えるのは自然なことといえるでしょう。

在宅勤務での業務以外に、オンライン会議といった外部との接触に活用することが求められるようになったことも「書斎」が求められる大きな理由のひとつ。

実際に、これから家を建てるという場合や家のリノベーションをしようとする場合、どちらとも「書斎を作りたい」というニーズが急速に高まっているという。
また、それまでの空間を利用して書斎スペースをDIYで作る人も増え、SNSなどで大きな話題となっています。

見せることを前提とした空間

オンライン会議といったWEBカメラを通じて外部と接触する際、家族の映り込みや生活感あふれる部屋が背景になることを避けたいと考える人は少なくありません。
仕事をする環境に加えて音響や照明、カメラに映る背景にもこだわることができる書斎スペースが注目されるのは必然なのかもしれません。

より快適な環境で仕事をすることと、自分の環境を他人に見せることの両立を叶えてくれるのが「書斎」といっても過言ではないでしょう。

「書斎」へのニーズは続く

テレワークなど、自宅で仕事をすることが推進される限り、在宅ワークスペース「書斎」の重要性はますます高まっていくことになるでしょう。

快適な仕事環境はオフィスだけのもではなく、自宅の仕事環境をしっかり整備してこそ効率よく仕事ができる、そんな時代になったのかもしれません。

新型コロナウイルスの終息が見えない中、新しい生活様式への移行や変化する働き方に対応していくのは大変なことですが、自宅で効率よく働ける在宅ワークスペースにこだわってみてはいかがでしょうか。