Retailers Place
Retailers Place

withコロナ時代の在宅ワークスペースの需要が急増中

「オフィスに通って働く」のが当たり前に時代から「自宅で働く」ことが求められる時代へと変化している今、在宅ワークスペースの確保の重要性に注目が集まっています。

そこで今回は、在宅ワークスペースが求められる理由について考えてみたいと思います。

今在宅ワークスペースが求められる理由

新型コロナウイルスの影響によって、密を避けるなどの衛生意識が高まり、テレワークが大きな広がりを見せていることは周知の事実。
企業によっては、出社の日数や、出社している人の割合を厳しく管理しているケースも増えています。
そんな環境の中、在宅での仕事を余儀なくされているケースでも、自宅の環境が整っているケースはごくわずかです。

また、在宅勤務での業務以外に、オンライン会議といった外部との接触に活用することが求められるようになり、単なる作業場所の確保以外の課題も出てきています。

そこで、これから家を建てるという場合や家のリノベーションをしようとする場合、どちらとも「書斎を作りたい」というニーズが急速に高まっているとのことです。

見せることを前提とした空間

オンライン会議といったWEBカメラを通じて外部と接触する際、家族の映り込みや生活感あふれる部屋が背景になることを避けたいと考える人は少なくありません。

又小さいお子様がいる場合は、泣き声などを遮断できないケースも多いと聞きます。
そこで、仕事をする環境に加えて音響や照明、カメラに映る背景にもこだわるケースも出てきています。

より快適な環境で仕事をすることと、自分の環境を他人に見せることの両立をを考え、ワークスペースとしての書斎を持ちたいというニーズも増えています。

テレワークスペースへのニーズは続く

もっとも、書斎のようなスペースを確保できるほどの自宅で生活していない場合も多く、自宅近くで一人で仕事のできる時間制の有料テレワークスペースが、ショッピングセンター内に設置されるケースも増えています。その他、駅の構内など、従来空きスペースとして催事利用されていたスペースにもテレワーク用の専門BOXが設置されています。

書類の保存や印刷、コピーなどテレワークスペースでは十分に行えない機能もまだまだあります。そういったニーズに対応していくことが、今後増えつつある都心のオフィスの空室解消の鍵になるのかもしれません。